Go!Go!幼稚園

幼稚園選び、入園準備、入園後の生活、ママ友付き合いなど…現役幼稚園ママが情報をお届けしています。

幼稚園の個別懇談は何をする?事前準備が功を奏す!

      2014/08/22

counseling_soft

徒歩通園のママさんは、先生とお話する機会もありますが、それでもなかなか周りも気になってゆっくりお話しできませんよね。

また、バス通園のママさんにとってはお電話やおたより帳でのやり取りで、なかなか先生とお話しできる機会がありません。

そこで重要になってくるのが、個別懇談(個人面談など幼稚園によって呼び方が違うようです)です。

 

うちの園では、毎学期末に個別懇談があります。

多くの幼稚園が希望者のみなので、年長さんとかになると欠席される方も多くなるそうですが、気になることがあるママさんには是非活用して頂きたい時間ですね。

 

我が家は初めての懇談は、聞きたいことがたくさんありました。

年少の娘は色々と話をしてくれるのですが、お遊戯のことや遊んだことだけで、生活面の話が全くわからなかったんです。

 

こちらから聞いても「それ本当か!?」って思うような返答も多々あり(笑)

やっぱり先生から聞くのが一番だなーって思いました。

 

今回は我が家の初懇談の話と、経験から次には準備しておこうと思ったことをまとめました。

 

スポンサードリンク

 

初めての懇談は親の方がドキドキ!?

 

娘の幼稚園の懇談は1人10分ということでした。

我が家は最後の時間だったのですが、それでも時間を守らないと…と思って頭の中で聞きたいことを整理して行きました。

 

教室に着くと、まだ前の方が懇談中でした。

やはり年少さんの初めての懇談ですから、皆さん話したいこともたくさんありますよね。

先生が絵本やおもちゃを用意してくださっていたので、娘と息子と遊んで待っていました。

 

いよいよ、我が家の番になったのですが…

娘はいつもと違う雰囲気を察知したのか、なんだか教室に入ってからいつもと様子が違います。

 

先生とママが話をするって、どんなことをするの?って不思議だったのだと思います。

ま、これも後半にはいつも通りになって暴れ回ってましたけど。

 

あまり子供に聞かれたくない話(特に年長さんとかで理解できる年齢)になると、子供を預けて懇談に行かれるママさんも多いそうです。

先輩ママさんも、ホームクラス(預かり保育)に預けて懇談に行くとおっしゃっていました。

スポンサードリンク

我が家の場合は、まだ年少ということもあり今回は同席で懇談を受けました。

 

まず、先生から幼稚園の様子を教えてもらいました。

実は、以前参観日に行った時に1人だけ泣いていた娘。

どうやら大人がぞろぞろ入ってきてビックリしたみたいだったんですが、その日は歌も歌わないし、ダンスもしないし…でいつもこんな感じなのかな?って心配だったんです。

 

ですが、普段の生活の中ではクラスのムードメーカー的存在で、ダンスが大好きで、先生のお手伝いをよくしていることを聞きました。

どうやら、親のいる前で力を発揮できないタイプのようです(笑)

 

そして、次は私から質問をさせてもらいました。

私は、給食の状況、お着替えはちゃんとできているのか、トイレにちゃんと行けているのか聞きました。

これも私が心配することもなく、日に日に成長していることを教えて頂きました。

 

次に先生からお友達との様子を教えてもらいました。

以前は誰かがおもちゃを使っていると、欲しくても、もじもじしていたのですが、今では自分から「貸して」とか「一緒に遊ぼ」と声をかけることができるようになったみたいです。

 

入園からの3か月間で、娘は私の想像以上に成長していました。

バス通園では全くわからなかった娘の様子が、パーっとクリアになった懇談でした。

 

 

限られた時間をいかに有効に使うか

 

懇談は、1組何分という形で時間を決められていることが多いと思います。

初めての懇談は私のほうが緊張してしまっていて、聞きたいことを頭の中で整理していったのですが、聞き忘れたこともありました。

なので、次の懇談からは聞きたいことをメモに書いて持参しようと思いました。

 

これは聞き忘れを防ぐためでもあるのですが、時間短縮にもなります。

幼稚園によっては事前に質問を書いて渡せるところもあるようなので、是非活用しましょう。

 

最近はこんなこと言ったら「モンスターペアレントって思われるかな?」とか考えて、自分の言いたいことを言えないママさんもいるようですが、そこまで神経質になる必要はないと思います。

お子さんを大切に思うからこそ言いたいことって出てきます。

だから遠慮せず、お話してみましょう!

 

電話や手紙は言葉や声だけのやりとりなので、誤解が生じることもあるのですが、懇談の場合顔を合わせて話ができるのでお互いの気持ちが伝わりやすいです。

 

せっかくの時間ですから、気になることは先生にお話ししてください。

最後に笑顔で終わることができたらいいですね!

 

スポンサードリンク

 - 幼稚園行事