Go!Go!幼稚園

幼稚園選び、入園準備、入園後の生活、ママ友付き合いなど…現役幼稚園ママが情報をお届けしています。

ママ友から発表会へのお誘い!上手に断る方法

      2014/08/22

ng

以前、ママ友トラブルに関するテレビを観ていた時に、こんな話題がありました。

 

「子どもの習い事の発表会に大勢を招待するママはヤバイ!?」

 

この時は、バレエの発表会についての話でした。

バレエの発表会には親御さんにチケットノルマがある教室があるそうです。

その為に、幼稚園で知り合ったありとあらゆるママさん達にお誘いのメールを送ったりするんですね。

 

また、バレエの会場には花束受付所があって、そこには子供の名前ごとに花束が飾られるそうです。

他に、公演終了後に直接子供に花束を渡すところもあったり。

その為、自分の子供への花束をできるだけたくさん集めようと、ママ友を招待する人もいるんだとか。

 

「その時は色々と大変なのね~」と他人事のように思っていたのですが、実際に私にもそのお誘いメールが来たことがありました。

 

興味があるなら全然構わないのですが、自分の子供以外のお子さんの発表会に参加することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

我が家も、子供たちはバレエに興味がなく、下の子はまだまだ動き回る時期でしたのでお断りをしたのですが、このお断りの仕方を間違えると、お誘い攻撃が加速することも…。

 

経験談から、上手にお断りするにはどういうことに気をつけたらいいのかご紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

曖昧な返事は相手に通じないと思うべし!

 

ママ友からのお誘いの場合、これからも幼稚園で顔を合わせたりすることがあるため、ぶしつけに断るわけにはいかないですよね。

でも、言葉を濁したままではいつまでもお誘い攻撃は終わりません。

 

実際にあったのが、バス停でご一緒しているママさんから、バス停にいるみんなにお子さんのバレエの発表会へのお誘いがありました。

お誘いの言葉としては、「もしお暇だったら来てくださいね~」程度だったので、その場はみんな「予定が合ったら…」という感じの返答でした。

 

バス停が一緒なので毎日顔を合わせるわけですが、その日以降お誘いの話はなくなりました。

なので安心していたのですが、数週間経った時に「バレエの発表会当日の予定はいかがですか?」とメールが届きました。

アドレス欄を見ると、私の知っているアドレスの人はもちろん知らない人のアドレスが大量にずらずら~と並んでいました。

スポンサードリンク

 

正直、その数にひいてしまいました。

また、一斉送信にして、知り合いでもない人にアドレスを知られてしまうような送り方をされたことが不快でした。

そこは大人のマナーとして、してはいけない行為だと思っています。

 

結局、私は「子供たちもじっとしてられなくて、迷惑をかけてしまうので今回はすいません…」という形でお断りをしました。

 

が…、次に会った時に

「全然小さな子がいても大丈夫よ~。みんな動いたりしてるから。」とまたお誘いが。

 

ここで、断り方に失敗したな~って気づきました。

では、どういう風に断るといいのでしょうか。

 

 

絶対に行けない理由を伝えるべし!

 

結局、私はその後の押しに負けてしまい発表会へ行ってきました。

幸い主人が休みだったので、手のかかる下の子は預け、上の娘だけ連れていきました。

テレビで聞いていた通り、花束も持って行ってきました。

 

案の定、公演途中から娘は飽きて動き出し、結局ロビーで時間をつぶしたりして最後まで待ちました。

ほんと、興味のないことは絶対断るべきだな…と思いました。

 

すると、とある先輩ママからアドバイスが。

そのママも、ご兄弟の繋がりから何年も前からバレエの発表会に誘われていたそうです。

しかし、過去に私と同じような経験をし、それ以降は同じ理由で断ることにしたそうです。

 

それが

「お誘い嬉しいんだけど、ごめんなさい。もう予定が入ってて…」

 

よくありがちな返答ですが、これが角が立たずに一番良い返事なんですね。

相手の好意に感謝しつつ、きちんと断りの理由を告げるのがポイントです。

 

他にも

「その日はもう予定が入ってるのよ、ごめんなさい。発表会楽しんできてね」

とかもいいと思います。

 

私も最初からこう言っておけば良かったと思いました。

確かに予定が入っていたら、行けませんからね。

これが嘘だとしても、相手の為にもはっきりと断ることが大切です。

 

結局、他のママさんもみんなこの理由でお断りしていると聞きました。

幼稚園新米ママ1年目の私には良い勉強となった話題でした。

 

 

最後に…

 

普通の方なら、最初の断りの段階や、相手の返答の様子などで誘うのを諦めると思います。

しかし、中には必死なママさんがいるのも事実。

 

テレビで言われていることが実際に私の身の回りにもあったわけで…。

これからも色んなことでお誘いがありそうだな…と怖くなった事件でした。

 

でも、興味のないことはきちんと断る!

これが、自分にとっても、相手にとっても良いことだと思います。

 

スポンサードリンク

 - ママ友とのお付き合い