Go!Go!幼稚園

幼稚園選び、入園準備、入園後の生活、ママ友付き合いなど…現役幼稚園ママが情報をお届けしています。

幼稚園バスの衝撃の光景!普段の様子を見るとみえてくる実態

   

hoikusi_color_fumira

我が家の前には大きな道路があり、朝になるとたくさんの幼稚園バスが通っていくのが見えます。

ちょうど娘の幼稚園選びを始めた時に、とある幼稚園のバスがうちの前の信号で停まっていました。

洗濯物を干しながら何気なくバスの様子を見ていると、衝撃の光景が!

 

私はこの様子を見ておいてよかったと思いました。

何気ない行動から、その幼稚園の普段の姿を知ることができたからです。

今回は、幼稚園見学では知ることができなかった幼稚園の衝撃光景を2つお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

幼稚園バスでの先生の態度に衝撃!

 

我が家の前にちょうど停まったとある幼稚園のバス。

何気なく見ていると、男性教諭が窓の外を見ながら足をほおりだしてだらしなく座っていたんです。

その日は「たまたまかな?」と思っていたのですが、翌日もまた次の日もその男性教諭はずっと外を見て、時にはほおずえをついていたり、あくびをしていたり…。

バスに乗っている子供たちの方がお行儀よく座っていました。

 

通常、幼稚園のバスに乗っている時の先生は、子供たちの様子を見たり、交差点などに差し掛かった時にはその道筋に人や車がいないかなどチェックしている様子が見受けられます。

しかし、私が見かけた幼稚園の先生は「仕事をする気があるの?」という態度で毎日幼稚園バスに乗っていました。

先生も疲れることがあるので、たまにはしんどい様子を見せる時もあると思いますが、それにしてもその先生の態度は目にあまるものがありました。

 

正直、そのような園バスに自分の子供を乗せたいとは思いません。

大切な子供の命を預けているわけですから、バスの運転手さんだけでなく、同乗している先生にもしっかりと子供やバスの状況を見て欲しいと思うのが当然ではないでしょうか。

他にも衝撃の光景がありました。

スポンサードリンク

 

 

踏切を無理矢理わたる園バスに老人が激怒!

 

うちの母と子供たちと一緒に買い物に行った帰りのことでした。

とある園バスが私たちと同じ方向に走っていました。

その先には踏切があり、園バスが通ろうとした時に警報機がなりました。

 

すると、園バスはなんとそのまま踏切を渡りはじめました。

私も母も「え!?」と思いました。だって停まれる状況だったからです。

 

何事もなく園バスは踏切を通過することができたのですが、その先のバスの停留所でおじいさんがすごい剣幕でバスの運転手さんと先生を怒っていました。

「ちゃんと交通ルールも守れない幼稚園に大事な孫を預けることはできない!」

そのおじいさんの言葉はごもっともだなと思いました。

 

そもそも踏切の手前で車は一旦停止をし、左右と警報音の確認をしてから踏切を渡らないといけません。

ですが、その園バスはそのルールを守らず警報機がなったから逆に急いで渡ったわけです。

時間があって急いでいたのかもしれませんが、それはいいわけになりません。

何かあってからでは遅いのです。とても考えさせられる出来事でした。

 

 

何気ないところから幼稚園の状況を知る

 

普段から園バスをマメにチェックしましょうというわけではありませんが、何気ないことから幼稚園の状況を知ることができます。

 

例えば、子供たちと公園に行くときに幼稚園の前を通ることがありました。

その時園庭からは先生や子供たちが元気にあいさつをしている声が聞こえてきたんです。

先生が常に大きな声で子供たちに見本を示し、子供たちがみんな笑顔で登園しているのを見て気持ちがよかったです。

 

また別の幼稚園では、プールの様子が見えました。

子供たちと一緒に入る先生のほかに、周りで見ている先生が複数いらっしゃいました。

子供たちの安全面に配慮した幼稚園だなという印象を持ちました。

 

他にも夕方ですと、預かり保育の様子を見ることができます。

秋近くになると、運動会の練習や実際の運動会を見ることもできます。

 

そのような機会に、ちょっと様子を見てみてください。

ふと気づくその園の魅力や、気になる点が見えてくると思いますよ。

もちろんそれだけで判断することはできませんが、ひとつの判断材料になりますよ。

そして、希望の園がしぼられてきたら幼稚園見学にも積極的に行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 - 幼稚園選び