Go!Go!幼稚園

幼稚園選び、入園準備、入園後の生活、ママ友付き合いなど…現役幼稚園ママが情報をお届けしています。

実際に幼稚園見学に行ってみよう!設備の見学ポイント!

      2014/08/31

youchien-yuugu

幼稚園の様子を知るには、幼稚園見学は絶対にしたいところです。

幼稚園によっては見学日が設定されているところ、事前連絡の上自由に見学ができるところ、など見学方法も様々です。

幼稚園にお電話すると教えて頂けますので、まずは確認してみてくださいね。

 

私も何園か幼稚園見学に行きましたが、それぞれの園の特長があってとても楽しかったです。

幼稚園見学に行った際に、あなたならどんなところをチェックしますか?

 

限られた時間の中でじっくり全てを見ることはできませんから、私がチェックした見学ポイントの中から、今回は設備に関するポイントを挙げてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

幼稚園の設備チェックポイント

 

 遊具はきちんと整備されているか

幼稚園には様々な遊具があります。

毎日子供たちが遊んでいるものなので、長年使用していると劣化してくるのは当然ですよね。

幼稚園では基本的には遊具の劣化状況などをチェックしたり、故障個所を直したり、時には遊具自体を新しいものに交換したり…ということを行っているはずです。

これはそれぞれの園が管理していることなのでそのチェック頻度などは様々ですが、危なげな遊具をそのまま放置しているようではいけませんよね。

 

塗装の剥がれはしょうがないことですが、部品が欠損しているとか、木が腐敗しているとか、そのようなところがないかチェックしてみてください。

また砂場の中に危険なものが落ちていないか、園庭にひっかかりそうなでっぱりなどはないか、そのような点も見ておきたいところです。

 

遊具のそばにヒモなど、ひっかかってしまいそうなものを置いている園は言語道断です!

子供たちは時にとんでもない遊びを思いついたりします。

そのヒモを使ってぶら下がってみよう…なんてしていると、ひっかかって事故になっては大変です。

園児のそばに危険になるものは置かないは鉄則です。

 

 セキュリティはしっかりしているか

これまでも小学校に不審者が侵入して生徒が亡くなったり、怪我をしたりするという事件がありましたよね。

スポンサードリンク

それ以来、どの幼稚園や学校もセキュリティには注意をより払うようになってきたと思います。

教諭が随時確認してドアの開け閉めをするシステムになっているとか、暗証番号を知っている人だけ入れるようになっているとか、防犯カメラが設置されているとか、その幼稚園のセキュリティ状況を把握しておきましょう。

 

見学に行った幼稚園の中には、警備員さんが常駐しているところもありました。

大切な子供を守るため、幼稚園も色々と注意を払ってくれていることがわかると安心ですよね。

 

 トイレの数と配置はどのような感じか

幼稚園に入園したばかりの時は、先生がクラスみんなでトイレに誘導する時があります。

その時に混雑せずにスムーズに用を足せるようになっているか、特に人数の多いマンモス園は数が気になるところです。

またトイレの配置も気にしたいですね。

年少さんは各クラスにトイレが配置されているところもありますし、園庭にもすぐに行けるように設置してあるところも。

子供目線でトイレの配置が考えられていると、親としても安心できます。

 

 清掃はきちんとされているか

保育ルームやトイレ、床など掃除がきちんと行き届いているかチェックしておきましょう。

画びょうが落ちていると子供たちが怪我をしてしまう可能性がありますし、汚いトイレは衛生的に問題がありますよね。

姑のように細かいところのホコリチェックまでする必要はありませんが、最低限の掃除はしておいて欲しいところです。

 

また、すぐに掃除できる状況があることもポイントだったりします。

例えば、手洗い場の床。びしょびしょだと園児が滑ってこけてしまう可能性があります。

そのような場所に雑巾が用意されてあると、先生がすぐふけますよね。

小さな子供はちょっとしたものにつまづいたり、こけたりしてしまうので掃除も事故を起こさないための重要なポイントです。

 

 

気になることは質問してみよう

 

幼稚園見学の際に私が実際にチェックしたポイントについてお話しました。

実際、幼稚園を見て回っていると気になることが出てくると思います。

そんな時は、遠慮せずに質問しましょう。

 

お子さんと一緒に行く方が多いと思いますが、子供が階段を上る時や遊具で遊んでいる様子を見ていると、その園の配慮された設計などに気づくことも結構あります。

子供が過ごしやすい環境かどうか、是非実際に目にして見てみてください。

 

スポンサードリンク

 - 幼稚園選び